ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 2月 25日(日) 次週 翌月
10時00分〜17時00分 【小樽】 2017年度 北海道自然史研究会・研究大会
北海道内における自然史関連の調査研究成果の紹介、博物館等の施設における取り組みや展示制作、教材開発などについて、研究会会員が発表します。今年度は小樽市にて開催し、地域の北海道自然史研究会の報告を中心に14本の発表を予定しています。

[日時] 2月25日(日)10:00〜17:00

[場所] 小樽市総合博物館 研修室(小樽市手宮1丁目3番6号)
※アクセス方法⇒ https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/access.html

[内容] ※発表予定タイトル
--- 午前 ---
・浅川 満彦
「厚岸湖・別寒辺牛湿原とその周辺域に生息する野生鳥獣の寄生虫相−その特色
と疫学的な意義−」
・小宮山 英重
「カラフトマスの資源量の変動と知床半島ルシャ地区におけるヒグマ・メスの世
代交代の現況」
・有賀 望
「豊平川におけるサケの産卵環境改善の取り組み 〜河川管理者、施工業者、研
究機関の協力を得て〜」
・志賀 健司
「石狩浜の漂着コウイカに見られる食痕」
・吉野 智生
「牛舎内で発生したタンチョウの事故について」
--- 午後 ---
・山本 亜生
「小樽海岸の自然とウミミズカメシの生息環境について」
・櫻井 美香
「小樽に自生するヒカリゴケの再記録」
・大鐘 卓哉
「小樽の石造建築物に使われている軟石に関する考察」
・能瀬 晴菜
「害虫だけど美しい!?プラタナスグンバイの北海道での生態」
・持田 誠
「十勝地方豊北海岸における漂着木処理が植生に及ぼす影響」
・齋藤 輝志
「北海道の在来タンポポの雑種形成について」
・五安城 泰宏
「死蔵腊葉標本の再同定を通じた ACE herbarium の作成と公開」
・福岡 孝
「北海道の「雄大な自然景観」の成因を考える」
・栗原 憲一
「北海道博物館における来館者参加型展示・ヒグマアンケートについて」

[参加費] 資料代+入館料 800円(中学生以下は無料、一般参加者は入館料のみ)

[申込み方法] 不要、直接会場にお越しください

[問い合わせ先] 北海道自然史研究会事務局
TEL:011-892-5306(さっぽろ自然調査館内)
E-mail:n-h@cho.co.jp

[主催] 北海道自然史研究会 http://www.facebook.com/n.hokkaido


11時00分〜14時30分 【苫小牧】 世界湿地の日記念イベント「冬を楽しむミニツアー」
自然観察路を歩きながら、レンジャーやボランティアがセンター周辺の自然を紹介します。
結氷した湖、動物の足跡、活動する小鳥などを観察しましょう。

[日時] 2月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)
※各日とも(1)11:00〜11:30 / (2)14:00〜14:30
※但し、2月3日(日)は14:00〜14:30のみの開催

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[定員] なし(申込み不要)

[参加費] 無料

[問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231