ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 8月 9日(木) 次週 翌月
9時10分〜15時40分 【札幌発着】 夏休み!リサイクル工場親子見学バスツアー
小学生(4〜6年生)とその保護者を対象とした「家電(※)・自動車」や「びん・缶・ペットボトル」のリサイクル工場の見学バスツアーです。
本ツアーでは、TVの解体体験等通常の見学では体験できない特別メニューを交えながら、私たちが消費した後に行われている「リサイクル(再資源化)」について体感していただきます。
夏休みの自由研究にもお勧めできる内容ですので、是非ご参加ください。

※本ツアーでの「家電」とは、家電リサイクル法の対象であるエアコン、テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目を指しています。本ツアーでは、「テレビ」以外の3品目のリサイクルを行っている工場を見学します。

[日時] 8月9日(木)9:10〜15:40

[場所] 札幌市内(東区中沼)および石狩市内(石狩市新港中央)

[集合] 札幌第1合同庁舎 札幌駅側ロビー(札幌市北区北8条西2丁目) 9:10集合(予定)

[定員] 小学生(4〜6年生)とその保護者、計40名(申込み多数の場合は抽選)
※原則、お子様1名につき保護者1名の同行が必要です。

[参加費] 無料 ※集合場所までの交通費、昼食は参加者負担となります。

[見学先]
○(株)鈴木商会石狩工場(石狩市新港中央3丁目750番地7)
家電リサイクル法対象の家電4品目のうち、「エアコン」、「冷蔵庫・冷凍庫」、「洗濯機・衣類乾燥機」の3品目と、自動車リサイクル法に基づく「自動車」のリサイクルを見学
○中沼資源選別センター(札幌市東区中沼町45-24)
容器包装リサイクル法の分別回収の対象容器である「びん」、「缶」、「ペットボトル」のリサイクルを見学

[申込み方法] 郵送、FAX、Eメールのいずれかにてお申込みください。
※詳しくは「開催案内リーフレット兼参加申込書(PDF:578KB)をご覧ください↓
URL:http://www.hkd.meti.go.jp/hokni/20180704/leaflet.pdf

[申込み先] 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎
FAX:011-726-7474
E-mail:hokkaido-kankyorecycle@meti.go.jp

[申込み締切] 7月26日(木)17:00必着

[問い合わせ先] 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
TEL:011-709-2311(内線2626)
FAX:011-726-7474
E-mail:hokkaido-kankyorecycle@meti.go.jp

[主催] 経済産業省北海道経済産業局

[共催] 環境省北海道地方環境事務所、札幌市

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.hkd.meti.go.jp/hokni/20180704/
10時00分〜15時00分 【札幌】 ススキペレットをみんなで作ってみよう! in 北海道大学
私たちが暮らす地球では現在、地球温暖化が進み、各地で深刻な影響が出てきています。地球温暖化の原因と される温室効果ガスを減らすためにはどうしたらよいでしょう。解決策のひとつにあげられるクリーンエネル ギーは、実はどこにでも生えている雑草、ススキからも作れます。ススキの一種であるジャイアントミスカン サスから、ペレットを作る「ススキペレットプロジェクト」に参加しませんか?みんなで収穫したススキから 作るペレットを使って、北大農場産の牛乳、バター、じゃがいもでクッキングしてみよう!

⽇時 第1回:8⽉9⽇(⽊)10:00-15:00
   第2回:11⽉3⽇(⼟)10:00-12:00
   第3回:1⽉9⽇(⽔)10:00-12:00
場所:北海道⼤学 FMI 国際拠点 フューチャールーム(札幌市北区北21条⻄10丁目)
参加費:各回500円(保険料)
定員:20組40名
応募締切:8月5日(日)

お申込みは下記フォーム、またはFAXにて。
https://goo.gl/forms/sOXItszccKS99pAK2

第1回:地球温暖化はどうして起きる?
SDGs とともに学んでみよう
EPO北海道 ⼤崎美佳 ⽒
JICA北海道 野吾奈穂⼦ ⽒

ジャイアントミスカンサスを植えてみよう
北海道⼤学 ⼭⽥敏彦 教授
北海道バイオエコノミー研究所 ⼤⽥⿇⾐⼦ 氏

第2回:「ススキ」の専⾨家、エリック先⽣とジャイアントミスカンサスの収穫をしよう
みんなで収穫したススキはペレットになるよ!
アメリカイリノイ⼤学 エリック・サックス 教授

第3回:ススキペレット de クッキング体験
ススキペレットをストーブで燃やしてみよう
北⼤農場産⾷材でクッキング体験をしよう!
北海道バイオエコノミー研究所 ⼤⽥⿇⾐⼦ 氏


昼⾷持参(8/9のみ)
作業のしやすい服装でご参加ください(⻑靴推奨)
・参加対象は⼩学校⾼学年のお⼦さんと保護者の⽅になります。
・応募者多数の場合は抽選となります。
・全3回出席できる⽅が優先となります。
・お⾞での参加が可能です(駐⾞場有)。

主催:⼀般社団法⼈北海道バイオエコノミー研究所
共催:国⽴⼤学法⼈北海道⼤学北⽅⽣物圏フィールド科学センター
後援:環境省北海道環境パートナーシップオフィス、独⽴⾏政法⼈国際協⼒機構


お問合せ:⼀般社団法⼈北海道バイオエコノミー研究所
E-mail:info@hokkaidobioeconomy.or.jp
Tel&Fax:011-232-3757
18時30分〜21時00分 【札幌】 第2回 しめっちカフェ
鴨々川のほとりの鴨々堂において「第2回 しめっちカフェ」を開催します。
ゲストスピーカーには矢部先生(札幌市立大学)に登壇していただきます。
石狩川流域の湿地の原風景とこれから目指すべき姿について、ゆるりとご紹介していただきます。

[日時] 8月9日(木)18:30〜21:00

[場所] 鴨々堂(札幌市中央区南7条西2丁目2)

[定員] 20名 ※事前申込みが必要です

[参加費] 1,000円 ※軽食・飲み物付き(乾杯ビール程度)、持ち込み歓迎

[内容]
○guest speaker:矢部 和夫 先生
「幻の石狩湿原を取り戻す −平岡公園人口湿地と幌向再生地の事例−」
札幌市立大学デザイン学部教授。1988年北海道大学大学院環境科学研究科博士課
程修了。学術博士(北海道大学)。専門は湿原生態学、湿原再生、ビオトープ管
理。石狩川下流幌向地区自然再生ワークショップ座長、ウェットランドセミナー
運営委員。
[申込み方法] 電話、またはEメールにてお申込みください
[申込み先・問い合わせ先・主催] 石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク
(しめっちネット)
TEL:011-200-0973
E-mail:info@ishikarigawa-net.com ※@を半角に換えて送信ください
URL:https://ishikarigawa-net.com/

北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、(公財)北海道環境財団の三者
による協働事業「北海道e-水プロジェクト」の支援を受け実施しています。

☆★ しめっちカフェって?? ★☆
私たちの住んでいる石狩平野は、かつては釧路湿原より広大な湿地が広がってい
て、多様で多くの野生生物や人間がそこで暮らしていました。しかしながら経済
発展とともに、その豊かな自然環境や文化の殆どが失われつつあります。
湿地のステキさ・楽しみ、そして今と未来…。
仕事を終えた夕暮れに、気軽に集まって楽しくお話を聴き、しゃべりませんか?
密かに湿地好きの方も、湿地ぃ?なんかわかんないけど気になるというあなたも、
軽く飲み食いしながら、鴨々川のほとりの古民家でひととき過ごしましょう。