ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2020年 6月 19日(金) 次週 翌月
10時00分〜12時00分 【札幌】 さっぽろ新型コロナウィルス対応フットパス(茨戸川緑地周辺)
新型コロナウィルスの影響でさまざまなイベントや行事の開催を以前とは違う形でも行っていく必要が出てきました。
フットパスは野外を歩くため3密にはなりませんが、さらに活動地域を狭めて新型コロナウィルスに対応するイベントを開催します。
今までのフットパスイベントより、さらに参加する上で不安となる要素を一層取り除きました。
参加ルールがございますので、ご精読をお願いいたします。

[日時] 6月19日(金)10:00〜12:00

[場所] 茨戸川緑地周辺(約6.0km)

[集合] 10:00 茨戸川緑地管理事務所前

[内容] せっかく北海道も美しい季節になってきましたが、新型コロナウィルスの影響で今まで外出制限となっていました。6月は素晴らしい北海道の自然を満喫できるシーズンです。約6、7kmのお手軽ウォーク!これからは3密にならない野外の活動にスポットライトが当たるのではないでしょうか。ルールを設け、対策を講じたフットパスイベントを開催します。

[参加ルール]
<ルール1>
各自マスクの着用にご協力ください。また消毒液等は各自ご持参願います。
<ルール2>
原則として開催区や近くにお住まいの方が参加対象となります。極力、公共交通機関のご利用はお控えください。但し、自家用車やご家族等の送迎、自転車で集合・解散場所まで来られる方はどこでもご参加いただけます。
<ルール3>
ウォーク距離は6〜8km程度です。ウォーク中はなるべく他の参加者との距離をおとりください。
<ルール4>
野外活動となり、「密閉」「密接」にはなりませんが、「密集」を避けるため最大でも20名の実施となります。状況によっては中止、または集合場所等を変更する場合がありますので、参加ご希望の方は必ずお申込みください。
〇ウォーク中もなるべく距離を空けて歩くようお願いいたします。定員を通常の半分にして行いますので、必ずお申込みをお忘れなくお願いします。
〇ガイドウォークや観察会とは異なり「歩く」ことが主体となります。
〇参加費は当日受付ます。(要事前申込み)
〇昼食は不要です。
〇距離や解散時間・場所は予定ですので、多少前後・変更になる場合がございます。
 変更の際は申込み者にお知らせします。
〇小雨決行。台風や大地震、大雪など常識的に困難な場合以外は催行します。
〇当日のご連絡は090-3773-2038、または090-8271-6460まで。当日のキャンセルやお休みの連絡は不要です。

[定員] 20名まで(申込み先着順、最少催行5名)

[参加費] 500円

[申込み方法] 電話・FAX・Eメール・郵便のいずれかにてお申込みください。
※必ず事前にお申込みください。

[申込み期間] 開催前日の15:00まで。

[申込み先・問い合わせ先] エコ・ネットワーク
〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7-4 エルムビル8階
TEL:011-737-7841
FAX:011-737-9606
E-mail:eco@hokkai.or.jp

[主催] エコ・ネットワーク http://econetwork.jpn.org/

[協力] (株)THE-O(ジオ)
13時30分〜16時00分 【オンライン】 令和2年度 北海道環境パートナーシップ研修
持続可能な社会とは何か、その実現に向けてどのようなアクションが必要か。
いまあらためて、こうした問いに向き合うことが、私たちに求められています。
そこでこの研修では、道内自治体の職員の皆さんとともに、社会の大きな変化を見据えた今後の事業創出のヒントを得ることを目的として開催するものです。

研修はオンライン会議システムを用いて、レクチャーと個人ワークやグループでの対話を軸に進めていきます。SDGs(持続可能な開発目標)の基礎や本質的な考え方について確認し、解決すべき対象や問題をシステムとして捉える「システム思考」を体験することで、新しい地域社会、地域循環共生圏の構築に向けて不可欠な「同時解決」と「協働」について理解を深めます。

講師は今年3月に出版され、様々な自治体経営専門誌でも取り上げられている「SDGs×自治体 実践ガイドブック 現場で活かせる知識と手法」(学芸出版社)の著者でもある 高木超さん です。ぜひご参加ください!

※チラシをご利用ください↓
URL:https://epohok.jp/wp-content/uploads/2020/05/200619_partnershipseminar.pdf

[日時] 令和2年6月19日(金)13:30〜16:00

[配信] オンライン会議システム「Zoom」を利用

[対象・定員] 環境部門や企画部門を初めとした道内自治体職員 20名

[参加費] 無料

[プログラム]
1.開催趣旨説明
2.講演「いま現場で活かしたい SDGsの本質」
3.演習「地域課題を深く掘り下げる 〜システム思考体験〜」

[講師] 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教 高木超(たかぎ・こすも)氏

[申込み期限] 令和2年6月15日(月)

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://epohok.jp/event/11730 )をご利用いただくか、メールアドレス( epoh-webadmin@epohok.jp )まで必要事項を記載の上、お申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)担当:溝渕
〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 大五ビル7階
TEL:011-596-0921
FAX:011-596-0931
代表メールアドレス:epoh-webadmin@epohok.jp

[主催] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス http://www.epohok.jp

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://epohok.jp/event/11730