ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 3月 9日(火) 次週 翌月
(継続中) 【釧路】 釧路湿原サイエンスフェア 〜中央小学校5年生の取組みパネル展〜
釧路湿原自然再生協議会「湿原学習のための学校支援ワーキンググループ」では、
釧路湿原とその周辺の環境について学んでいただく機会づくりを進めています。
この取組の一環で昨年の8月に温根内右岸堤防周辺フィールドを訪れた釧路市立
中央小学校5年生の児童が自分で湿原の生き物や植物などに関する疑問を設定し、
その解決に向けた探究的な学習を行ってきました。
フィールドでの観察、学校での調べ学習、学習発表会での専門家からのアドバイ
スなどを通して、児童それぞれが自分なりに研究を取りまとめました。
このパネル展では、12月に小学校で行われた学習発表会で児童が発表した研究発
表ボードから一部をお借りし展示いたします。
児童が取りまとめたパネルから、身近な自然、動植物、釧路湿原に関心を持って
いただけましたら幸いです。

[日時] 2021年3月2日(火)〜3月12日(金)
※各日とも8:50〜17:20(3/2は11:00から、3/12は15:30まで)

[場所] 釧路市役所 本庁舎ロビー(釧路市黒金町7丁目5)

[内容] 釧路湿原サイエンスフェアでは、北海道教育大学釧路校の境教授に考案
いただいた課題探求型の学習手法にならい、児童が作成したパネルを展示します。

[問い合わせ先] 釧路湿原自然再生協議会 再生普及行動計画オフィス
TEL:0154-56-4646
FAX:0154-56-2267
E-mail:wanda@heco-spc.or.jp (@を半角に換えて送信ください)

[主催] 環境省釧路自然環境事務所(釧路湿原自然再生協議会再生普及小委員会
湿原学習のための学校支援ワーキンググループ事務局)

[協力] 北海道教育大学釧路校 境智洋教授(地域学校教育専攻 授業開発研究室)、
釧路湿原国立公園連絡協議会、釧路市立中央小学校
13時30分〜15時30分 【札幌・オンライン】2020年度 J−クレジット活用セミナー in 北海道 〜 “創って”“活かして”地域のために!〜
経済産業省北海道経済産業局では、J−クレジット※1を地域内で循環させて、地域の活性化へとつなげていく方法を紹介する自治体・企業向けセミナーを開催します。
 本セミナーでは、一般住宅への太陽光発電システム設置によって削減されたCO2排出量からJ−クレジットを創出し、資金を地域循環させている帯広市の取組や、J−クレジットを活用したカーボン・オフセット※2の事例などを紹介します。
 また、本セミナーは会場とSkype for Businessによるオンライン配信を同時に実施します。

[日時] 3月9日(火)13:30〜15:30
[場所] 経済産業省北海道経済産業局 第1会議室(札幌市北区北8条西2丁目
札幌第1合同庁舎6階北側)
[配信方法] Skype for Business
[定員] オンライン 100名、会場 20名(先着順・参加無料)
[対象] 自治体、企業等
[参加費] 無料

[プログラム]
<制度紹介>
 〇地球温暖化対策とJ-クレジット制度について(経済産業省)
<講演>
 〇地域の特性を活かしたCO2削減の取り組み〜J−クレジット制度を活用した資金の地域循環〜(帯広市)
<事例紹介>
 〇北海道のカーボン・オフセット事例紹介((公財)北海道環境財団)
 〇全国のカーボン・オフセット事例紹介(J−クレジット制度事務局)
<個別相談会>
15:30(セミナー終了後)から、希望者の相談に応じます。
 
[申込み方法]
参加申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはE-mailで以下の申込先までお送りください。
※「参加申込書」のダウンロードはこちらから(PDF形式/662KB)
  https://www.hkd.meti.go.jp/hokni/20210225/leaflet.pdf
申込締切:2021年3月5日(金)
[申込み先・問い合わせ先] 北電総合設計(株)(令和2年度J-クレジット制度推進のための地域支援事業受託事業者)担当:篠原、藤田、細川
 TEL:011-261-6545 FAX:011-261-6547
 E-mail:energy-hss@hokuss.co.jp (@を半角に換えて送信ください)
[主催] 経済産業省北海道経済産業局
☆詳しくはこちらをご覧ください
 https://www.hkd.meti.go.jp/hokni/20210225/index.htm

[参考]
※1 J−クレジットとは
 省エネルギー機器の導入などの取組によるCO2など温室効果ガスの排出削減・吸収量を「クレジット」として国が認証したもの。
 https://japancredit.go.jp/
※2 カーボン・オフセットとは
 自ら削減できないCO2(カーボン)を、他の人のCO2削減・吸収量(J−クレジット)で埋め合わせ(オフセット)をすること。
 https://www.hkd.meti.go.jp/hokni/jcredit/index.htm

15時00分〜17時30分 【オンライン】「CDP水セキュリティレポート2020報告会×Water Project」の開催について
環境省では、令和3年3月9日(火)に環境省、CDP※1共催で「CDP水セキュリティレポート2020報告会×Water Project」を開催します。
 本報告会では、水循環基本法に基づく健全な水循環の重要性について、企業や自治体等の理解や関心をより高めることを目的とし、CDPが実施している企業の水リスクへの対応に関する調査結果の報告や企業の優良事例を発表する他、Water Project※2の取組として、健全な水循環の維持・回復の推進に関する取組事例等の発表を行います。

 ※1 環境分野に取り組む国際NGO。企業等への環境に係る質問書送付及びその結果を取りまとめ、共通の尺度で分析・評価している。企業等の回答の公開を通じて、持続可能な経済の実現に取り組んでいる。
 ※2 健全な水循環の維持・回復のための取組推進に向け平成26年8月に発足。環境省が関係主体間の連携協力の場をつくり、民間企業等の主体的・自発的・積極的な活動を推進。

1.日時・開催形式等
日 時 :令和3年3月9日(火) 15:00-17:30 (予定)
開催形式:Web開催(Zoom)
※会議URLにつきましては、お申込みいただきました方に別途ご連絡をさせていただきます。
共 催 :環境省、一般社団法人 CDP Worldwide-Japan
定 員 :1,000名程度

2.プログラム(予定)
15:00 主催者挨拶 環境省
15:05 「水セキュリティについて」     CDP 
15:15 基調講演「水と気候変動の関係(仮称)」   沖 大幹 国連大学上級副学長
15:35 「CDP水セキュリティ調査の取組と2020評価結果について」
 CDPレポートライターKPMGあずさサステナビリティ
15:55 「水セキュリティとESG投資」    講演者調整中
16:05 パネルディスカッション「企業の水への取組(仮称)」
モデレーター:CDP 
パネリスト :CDP水セキュリティ2020 Aリスト企業数社
16:40 「健全な水循環への取組について」 環境省
16:50 「熊本市の持続可能な地下水保全に関する官民連携の取組について」 熊本市
17:05 「CDP シティについて」  CDP
17:20 閉会挨拶 CDP
  ※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

3.申込方法
下記URLリンク先よりお申し込みください。
https://zoom.us/webinar/register/WN_y48JCvc_TiOGOe-h1tgElA
締 切 日:令和3年3月8日(月)
※申込期間内でも定員になり次第、受付は終了いたしますので御了承ください。
※報道関係者の方の参加申込についても上記申込方法と同様となります。

4.問合せ先
 ・セミナー全般についての問合せ先
  一般社団法人 CDP Worldwide-Japan  TEL: 03-6225-2232  e-mail: japan@cdp.net
  環境省 環境省水・大気環境局水環境課(Water Project)TEL:03-5521-8312
 ・申込方法についての問合せ先
  八千代エンジニヤリング 吉田・柳沢 
      TEL:03-5822-2353  E-mail: seminar2021-cdp-w@yachiyo-eng.co.jp

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
代表03-3581-3351
直通03-5521-8312
課長筒井 誠二(内線 6610)
課長補佐川島 弘靖(内線 6618)
係長松本 信也(内線 6624)


引用:https://www.env.go.jp/press/109137.html