ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 11月 12日(日) 次週 翌月
(継続中) 【津別町】 「野外 ・災害救急法コース(wafa:アドバンスレベル)」認定講習
「NPO法人 森のこだま」「WMA(ウィルダネス メディカル アソシエイツ ジャパン)」の共催により、今年も「野外・災害救急法(Wilderness Advanced First Aid:アドバンスレベル)」の講習を森つべつにて開催します。

【「野外・災害救急法コース」とは】
Wilderness Medical Associates International(WMAI)の野外災害救急法コースは、1980年代初頭に救命医師を中心とする野外救助活動の専門家グループにより北米で開発され、現在は世界中年間8,000人以上の方々に受講して頂いおります。
一般社団法人ウィルダネスメディカルアソシエイツジャパン、通称「WMAJ」は北米のWMAIの公式な日本支局として資格発行を行っています。
インストラクターは医療資格を持ち、また山岳ガイドやレスキュー隊としての経験を持つ「質高さ」が特徴です。
カリキュラムは「ウィルダネス状況下(医療体系への引き継ぎや必要な処置を受けるまでに長時間を要する)」で発生する傷病の判断と処置、経過観察や看護、過酷な自然環境下での考え方などを体系的にまとめた内容なりす。
座学通じて頭で理論的に理解し、次いで実技を通じ身体で覚える学習スタイルも特徴の一つです。

国内で開催中のコースはベーシックレベルから医療従事者限定レベルまで5種類ご用意しております。全てのコースには共通して以下の内容が含まれす。
? 一般原則(人体構造・救助での考え方・法律的な枠組み)
? 生命を支える3つの重要器官(各器官の仕組み、起こり得る傷病、処置方法)
? 傷病者評価システム(包括的で系統的な傷病の判断方法)
? 傷病 のリスト化(今起こっている傷病と後に起こり得る傷病、環境的な問題)
? Critical Thinking(分析的思考)に基づく行動 計画
? ウィルダネス状況下医療プロトコウィル

北アメリカでの実績としてはアメリカ山岳ガイド協会(AMGA)やカナダ山岳ガイド連盟(ACMG)の必須資格として位置付けられおります。
日本国内では長野県知事認定「信州登山案内人資格」制度、北海道知事認定「アウトド資格」制度、東京都「自然保護指導員」、国土交通省と環境省が主任省である「 川に学ぶ体験活動協議会(RAC)」、北海道教育大学「アウトドライフ専攻」等において必修救急法の一つとして指定されております。

野外救急法は、アウトドアレジャーなどだけではなく、東日本大震災のような災害時、“もしも”の時に役立つ「自分の両手で出来る救命・救急処置」を学べる、日本では全く新しい総合的な救急法トレーニングです。

受講をご希望の方は、下記申込方法をご参照の上お申込ください。
ご不明な点は、お気軽お問合せください。

【開催日時】<WAFA:アドバンスレベル>
 2017年11月11日(土)〜14日(火)

【開催会場】
 北海道網走郡津別町字上里738「ランプの宿 森つべつ」

講習会場となるのは「ミシュラン北海道」にも掲載されている温泉ホテル「ランプの宿 森つべつ」。
他のコースにはない恵まれた環境でのコースです。

【受講料】
通学コース:70,200円
宿泊コース:86,400円
※WAFA/WFRとも同一料金
※宿泊コースには会場となる「ランプの宿 森つべつ」の協賛により、受講者専用の特別プラン(講習&宿泊・3泊10食付)をご用意♪
※お部屋は3〜4名・男女別相部屋となります。
※お食事は受講者専用メニューとなります。(通常メニューとは異なります)
※前泊・後泊も可能です。(1泊食事なし:3,500円/1泊朝食付:5,000円)

【申込方法】
下記ページに記載されているスケジュールをご確認の上、「申し込み手続きに進む」から申込規約・受講案内をご一読いただき、入力フォームからお申込ください。
 http://www.wildmed.jp/17/171111.html

【コース内容】
<WAFA アドバンスレベル (4日間)>
◆概要◆
数日または数週間のアウトドアスポーツ、冒険などをされるプロフェッショナルのために設計された、エントリーレベルのコースです。
ディレクタークラス、登山リーダー、過酷な環境や状況で活躍される方のための包括的な講習です。医療アクセスが劣悪な環境で長引く傷病者のケアをカリキュラムに含みます。

◆受講対象◆
・16歳以上(20歳未満の方は保護者の同意が必要)
・野外での実習に参加可能な方
※WFA(ベーシック)資格を保持していない方も受講可能です。

◆サンプルシラバス◆
《1日目》
 オリエンテーション、感染対策、傷病者評価システム、循環器、呼吸器系、CPR、AED、一次救命処置
《2日目》
 ケーススタディ、神経系、脊椎マネジメント、筋骨格系の怪我、脊椎損傷の疑いのある傷病者の移動、副木(スプリント固定)、実習(傷病者評価システム)
《3日目》
 ケーススタディ、体温調節、咬傷と刺傷、感電、落雷、溺れ、傷や火傷、アレルギーとアナフィラキシー、簡易搬送、実習(傷病者評価システム)
《4日目》
 ケース·スタディ、バックカントリー薬、医療、法的な問題、実習(傷病者評価システム)、シミュレーション(シナリオに基づいた総合実習)、最終試験

コース内容の詳細については、下記URLをご参照ください。
 http://www.wildmed.jp/index.html

【各種資料】
<2017年WAFA北海道コースパンフレット0>
 http://morinokodama.com/data/2017wafa/2017wafa_hokkaido_flyer0.pdf
<2017年WAFA北海道コースパンフレット1>
 http://morinokodama.com/data/2017wafa/2017wafa_hokkaido_flyer1.pdf
<2017年WAFA北海道コースパンフレット2>
 http://morinokodama.com/data/2017wafa/2017wafa_hokkaido_flyer2.pdf
<2017年WAFA北海道コース開催概要>
 http://morinokodama.com/data/2017wafa/2017wafa_hokkaido_course_overview.pdf
9時00分〜12時00分 【札幌】 円山公園定例探鳥会 <第2日曜日>
☆野鳥情報:エナガ、アカゲラ、マヒワなど

[日時] 11月12日(日)9:00〜12:00

[場所] 円山公園(札幌市中央区)

[集合] 円山公園南大通側入口 9:00集合

[交通] 地下鉄「円山公園駅」から徒歩3分

[参加費] 無料(申込み不要)

[問い合せ先・主催] 日本野鳥の会札幌支部 http://sapporo-wbsj.org/
TEL:011-613-7973(月・水・金(祝日の場合は休み)の10:00〜17:00)

☆「2018年版野鳥カレンダー」販売中!
ご購入は札幌支部または探鳥会で販売しています。郵送をご希望の方は支部までお申込みください。
9時30分〜15時30分 【当別】 湿地の植物の利活用体験(2) 〜チタラペづくり(2):ガマ編み〜
湿地を守り育てていくために、湿地の植物の利活用を進めて、より多くの方に湿地の必要性や大切さを知ってもらいたいと思います。今年はアイヌ文化に伝わるチタラペ(ガマのゴザ)づくりを体験したいと思います。

http://www.frpac.or.jp/manual/files/2006_13.pdf
http://www.ainu-museum.or.jp/sonco_sonco/sonco-pdf/sonco201309.pdf

今回は9月に石狩川の当別自然再生地の池で採取したガマ編み、チタラペづくりを体験します。

[日時] 11月12日(日)9:30〜15:30(9:00受付開始)

[場所] 石狩市美登位創作の家(石狩市美登位694) https://goo.gl/maps/fX3jeCCXKoF2
※公共交通機関をお使いの方はご相談ください。ガマを採取した当別自然再生地も見に行きます。

[参加費] 1人400円(保険代込)

[定員] 20名(申込み先着順) ※約20枚分の材料と編み機を用意します

[対象] 小中学生親子(兄弟に幼児がいても参加できます) ※大人のみも可

[講師] 貝澤美和子さん、貝澤珠美さん

[内容]
○午前:採取地観察、編み機づくり・文様用の紐づくり等準備
○午後:チタラペ編み(20cm×20cm程度)

[服装・持ち物]
○服装:多少汚れても良い暖かい服装
○持ち物:飲み物・昼食・はさみ・長靴・防寒具

[申込み方法] 11月7日(火)20:00までに、以下の必要事項を記載してEメールでお申込みください。
○お名前
○ご住所
○年齢・学校名・学年
○ご連絡先(メールアドレスと電話番号)

[申込み先・問い合わせ先・主催] 石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク
住所:札幌市中央区南8条西2丁目5-74 市民活動プラザ星園201号
E-mail:info@ishikarigawa-net.com
HP:http://ishikarigawa-net.com/

☆この活動は、北海道e-水プロジェクト、アイヌ文化振興・研究推進機構の協力をいただき実施いたします。



10時00分〜14時00分 【苫小牧】 自然案内ボランティア講座 〜水鳥のことを伝えよう〜
水鳥とテーマとした自然案内(来訪者に自然のことを伝える)プログラムを体験します。

[日時] 11月12日(日)10:00〜14:00

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[定員] 申込み先着10名(高校生以上)

[参加費] 無料

[持ち物] 弁当、飲み物、防寒具、あれば双眼鏡(貸出あり)など

[申込み方法] 電話、または直接来館での申込み

[申込み期間] 11月11日(土)まで ※定員になり次第、締め切りとなります。

[申込み先・問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
住所:苫小牧市植苗156-26
TEL:0144-58-2231
10時00分〜15時00分 【札幌】 環境の村事業エコロジーワークショップ(1回目)〜スウェーデンの自然学校から学ぶ「野外で授業」〜
スウェーデンの自然学校で行われている、学校教育における「野外教科学習」の取り組みを紹介します。算数と英語をメインに実際の授業の内容を取り上げて、その効果や実践のためのポイントなどをワークショップで学びます。
※通訳あり

[日時] 11月12日(日)10:00〜15:00

[場所] 札幌エルプラザ 2階 会議室(札幌市北区北8条西3丁目)

[参加費] 1,500円(配布資料・飲み物の負担金)

[定員] 30名(要事前申込み)

[コーディネーターとゲスト]
〇コーディネーター:山本 幹彦(NPO法人当別エコロジカルコミュニティー 代表)
〇ゲスト
・Mats Wejdmark(ニュネスハムン自然学校 代表ディレクター)
・Robert Lattman-Masch(ニュネスハムン自然学校 スタッフ)

[申込み方法] 電話、またはEメールでお申込みください。

[申込み期限] 11月9日(木)

[申込み先・問い合わせ先] 北海道環境生活部 環境局 環境政策課環境企画グループ
TEL:011-231-4111(内線:24-222)
FAX:011-232-1301
E-mail:kansei.kankyou1@pref.hokkaido.lg.jp ※@を半角に換えて送信ください。

[主催] 北海道

[企画運営] NPO法人当別エコロジカルコミュニティー

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/kankyoukyouiku.htm
10時00分〜17時00分 【釧路】 第26回 釧路市生涯学習フェスティバル「まなトピア2017」
60以上の団体などが企画した、さまざまな催しが2日間にわたり全館で開催されます。
子どもから大人までお楽しみいただける体験イベントが盛りだくさんです。みなさまのご来場をお待ちしております。

☆詳しくはパンフレットをご覧ください↓
URL:http://www.kushiro-bunka.or.jp/manabo/fes2017.pdf

[日時] 11月11日(土)9:30〜17:00 / 11月12日(日)10:00〜17:00
※催しごとに開催時間は異なります。パンフレットでご確認ください。

[場所] 釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」(釧路市幣舞町4番28号)

[問い合わせ先] 釧路市生涯学習フェスティバル実行委員会(釧路市生涯学習センター内)
TEL:0154-41-8181
10時30分〜12時00分 【釧路】 達古武沼の水鳥観察会
北からの渡り鳥を観察しましょう。
双眼鏡や野鳥の図鑑を持参されるとより一層楽しめます!
暖かい服装でご参加ください。

[日時] 11月12日(日)10:30〜12:00 ※雨天中止

[場所] 達古武沼

[集合] 達古武沼南岸のトラスト山荘下(国道391号から細岡展望台に向かう道の途中)

[参加費] 無料(申込み不要)

[持ち物] 防寒着、双眼鏡や図鑑などがあれば持参ください

[問い合わせ先・主催] NPO法人トラストサルン釧路 TEL:0154-44-5022

[共催] 日本野鳥の会釧路支部
12時00分〜15時30分 【留萌】 〜留萌のみんなでCOOL CHOICE(クールチョイス)〜 ふむふむ、げらげら、ぽっかぽか 誰でもできるエコライフ・エコセミナー
[日時] 11月12日(日)12:00〜15:30

[場所] 留萌市中央公民館(留萌市見晴町2丁目)

[定員] 特になし(先着200名にプレゼント!)

[参加費] 無料

[内容]
○KAZUMOちゃんCHOICE大集合 −お楽しみCOOL CHOICE広場−(12:00〜14:10)
・冬至のキャンドルナイトに向けて、「みつろうキャンドル」を作ろう!(先着50名限定)
・家電チョイスブースでオリジナル「みっけ」に挑戦!
・COOL CHOICEエコバッグを作ろう!
・あかりチョイスブースで、あかりの歴史を知ろう!
・ウォームビズブースであったかグッズを体験しよう!
○講演:北海道の天気が変わった!?温暖化と異常気象(13:10〜13:55)
 講師:菅井 貴子さん(お天気キャスター)
○落語:桂三段さん「始末の極意」(14:20〜15:00)
○みんなでCOOL CHOICEクイズ大会(15:00〜15:30)
 抽選で、あったかグッズや省エネグッズが当たります!

[申込み] 不要、直接会場へお越しください。

[問い合わせ先] 留萌市都市環境部環境保全課 TEL:0164-42-1806

[主催] 留萌市

[企画・運営] NPO法人北海道グリーンファンド

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.e-rumoi.jp/kankyou/page27_00016.html