ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 2月 17日(土) 次週 翌月
11時00分〜14時30分 【苫小牧】 世界湿地の日記念イベント「冬を楽しむミニツアー」
自然観察路を歩きながら、レンジャーやボランティアがセンター周辺の自然を紹介します。
結氷した湖、動物の足跡、活動する小鳥などを観察しましょう。

[日時] 2月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)
※各日とも(1)11:00〜11:30 / (2)14:00〜14:30
※但し、2月3日(日)は14:00〜14:30のみの開催

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[定員] なし(申込み不要)

[参加費] 無料

[問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231
12時00分〜16時00分 【札幌】 天売猫ミーティング&猫の譲渡会
「海鳥の楽園」として知られる北海道羽幌町の天売島では、野良猫が増加したことによる海鳥の減少や住民生活への影響が問題となっていました。
そこで、行政や獣医師会、動物保護団体が連携し、殺処分ではなく、人に慣れさせ(順化)、譲渡することでノラネコをいなくするという、生態系保全と動物愛護を両立させる取組みを行っており、最近では島内の野良猫は減少し、海鳥の生息環境にも改善の兆しが見られます。今回、この取組をさらに進めるため、関係者からの様々な報告を通じて天売猫のことをより深く知ってもらほか、天売猫の譲渡会などを行うこととしました。

[日時] 2月17日(土)12:00〜16:00

[場所] 市民活動プラザ星園 2階活動室(札幌市中央区南8条西2丁目5-74)
※駐車場はありませんので、公共交通機関等でお越しください。

[参加費] 無料

[内容]
○天売猫ミーティング(13:00〜15:00)
・報告(1)研究の現場から「天売猫の順化に見る野良猫の管理とその未来」
 郡山 尚紀 氏(酪農学園大学獣医学群獣医保険看護学類動物行動生態研究室准教授・獣医師)
・報告(2)天売島の現場から「天売島と天売猫の過去・現在・未来」
 「人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会
・報告(3)行政の現場から「行政から見た野良猫問題の現状と課題」
 北海道生活環境部 生物多様性保全課
・報告(4)保護の現場から「動物保護団体による野良猫問題解決などの取組紹介」
 NPO法人ニャン友ネットワーク北海道、NPO法人猫たちを守る十勝Wishの会
○猫の譲渡会など(12:00〜16:00) 
・天売島で生まれ育った「天売猫」の譲渡会 ※天売猫以外の保護猫も参加します
・天売猫のパネル展示
・天売猫の取組に協力する動物愛護団体の活動紹介
・羽幌町の特産品、チャリティグッツ販売 など
※原則として、当日の猫の引き渡しは行いません。会場にて面談の上、譲渡の可否を決定し、後日直接自宅へお届けします。その際に譲渡誓約書へのご記入・押印をしていただきます。
※未成年の方は保護者の同意と誓約書の記入・押印が必要です。また高齢者の方への譲渡にもいくつか条件があります。

[問い合わせ先] 「人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会 事務局
TEL:0164-68-7003(羽幌町役場町民課)

[主催] 「人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会(構成団体:羽幌町役場町民課、北海道環境生活部環境局生物多様性保全課、北海道留萌振興局保健環境部環境生活課、環境省羽幌自然保護官事務所、公益社団法人北海道獣医師会、留萌獣医師会、北海DOぶつnet)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/aigo/300217event.htm

13時00分〜16時30分 【札幌】 平成29年度 北海道・環境の未来育成事業「企業等と交流しながらリサイクル等を学ぶセミナー」
−資源の有効活用は必須の時代におけるアクティブ・ラーニング!−

北海道の優れた環境を未来に引き継ぐためには、環境保全に関心のある方々に、道内でその持てる能力を発揮し活躍していただくことが必要です。このため、持続可能な社会の形成に欠かせない「資源の有効活用」に重点を置き、参加者にこれからの時代に職業人・社会人として活躍するために必須の「環境保全(廃棄物処理・リサイクル)の基礎知識・情報」を身につけてもらうことにより、将来、道内で活躍する人材の育成を図りたいと考えております。

[日時] 2月17日(土)13:00〜16:30(開場 12:30)

[場所] 北海道建設会館 9階 大会議室(札幌市中央区北4条西3丁目)

[参加費] 無料(要事前申込み)

[定員] 先着30名

[対象]
○企業のゼロ・エミッションやリサイクルの取組に関心をお持ちの方
○廃棄物処理・リサイクルの基本スキルを身につけたい方
(一般の方、特に学生の方、10代〜30代の方のご参加をお待ちしております)

[プログラム内容]
1.講演(13:00〜14:30(各講演約30分))
○事例紹介 −ゼロ・エミッションに向けて取り組む企業−
 講師:(株)アレフ エコチームリーダー 渡邊 大介 氏
○事例紹介 −リサイクル製品の製造・販売に取り組む企業−
 講師:(株)苫小牧清掃社 常務取締役 山本 康二 氏
○リサイクルの過去とこれから
 講師:NPO法人バイオマス北海道 副理事長 渡部 和正 氏
2.ワークショップ(14:45〜16:30(実質90分))
 テーマ:リサイクルしたい物やこれからもっと伸びるリサイクル分野等

[申込み方法] 2月9日(金)までに、チラシの「参加申込書」でお申込みいただくか、必要事項(氏名・年齢・所属等)を電話、FAXまたはEメールでお知らせください。
※チラシのダウンロードはこちらから↓
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/kannkyoukyouiku/H29miraimousikomi.pdf

[申込み先・問い合わせ先] 北海道環境生活部 環境局 環境政策課 環境企画グループ(担当:田中)
TEL:011-204-5188(ダイヤルイン)
FAX:011-232-4970
E-mail:kansei.kankyou1@pref.hokkaido.lg.jp

[主催] 北海道(環境政策課)

[協力] 公益社団法人北海道産業廃棄物協会

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/kankyokyoiku.htm

13時30分〜15時00分 【札幌】 北海道大学総合博物館 写真パネル展「シマエナガさんの12ヶ月」&関連セミナー・スライドトーク「自然写真家と鳥類学者による小型鳥類の魅力」
北海道を代表する鳥類であるシマエナガは、その愛くるしい形態と行動から、北海道の生物多様性理解のためのマスコット的存在として人気者になりつつあります。
この度、総合博物館では、山本光一氏(自然写真家)らの写真集「シマエナガさんの12ヶ月」の出版を機に、シマエナガの写真パネル展および講演会を開催します。
冬期期間、さっぽろ雪まつりなどで国内外の観光客が多く来館するため、それらの来館者に向けて、シマエナガを擁する北海道の生物多様性、自然環境について、またその将来の研究と保護への理解を促す機会を提供します。

[日時] 平成30年2月17日(土)13:30〜15:00

[場所] 北海道大学総合博物館
1階「知の交流」ホール(札幌市北区北10条西8丁目)
※JR札幌駅北口より徒歩15分、地下鉄北12条駅より徒歩10分
※構内への車両乗り入れを規制しております。バス・地下鉄などの公共交通機関のご利用をお願いします。

[参加費] 無料(申込み不要)

[内容]
○「日本列島の鳥の多様性」
 北海道大学大学院理学研究院 高木昌輿 教授
○「小鳥界のアイドル!ちっちゃく、せっかち、モフモフなシマエナガってどんな鳥? −雪の妖精の1年に寄り添って−」
 自然写真家 山本光一 氏

[問い合わせ先・主催] 北海道大学総合博物館
TEL:011-706-2658
URL:https://www.museum.hokudai.ac.jp/

☆写真パネル展「シマエナガさんの12ヶ月」は下記のとおり開催します↓
自然写真家の山本光一氏が所有するシマエナガの生態写真20点を展示するとともに、シマエナガの生活史、生態、分布などについて説明パネルで紹介します。
○開催期間:平成30年1月21日(日)〜3月30日(金)
※各日とも10:00〜17:00
※休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は開館、翌平日休館)、2月25日(日)
○開催場所:北海道大学総合博物館 1階 企画展示室
○入館料:無料

18時00分〜20時30分 【札幌】 第368回 野鳥お勉強会
☆野鳥お勉強会とは…
1987(昭和62)年に設立。野鳥や動物、自然情報の語らいの場として月1回飲食を伴いながら開催しています。
野鳥や自然に関心ある教師、公務員、会社員、学生などをボランティア講師に招き、講師の得意とする分野について受講し、自然及び環境情報の交換の場としています。
誰もが自由に参加いただけます。

[日時] 2月17日(土)18:00〜20:30
[場所] 鳥次郎(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下街 TEL:011-241-9777)
[集合] 同上 17:50集合
[内容]
○テーマ:「人の生活と鳥の生活のかかわり」
○講師:中田 達哉 氏(北海道野鳥愛護会)
私たち人が生活していく中で、自然環境に与える影響はおそらく消えることはありません。人が作り出した環境で生活する生き物は割りと多く、鳥の中にも人が作った環境で生活している種類もしくは個体がいます。今回は私のフィールド近辺で見られる鳥と人の生活のかかわりを少し紹介したいと思います。
[定員] 20名程度 ※予定人数を超えた場合はお断りする場合があります。
[参加費] 3,500円(飲食代)
[申込み方法] Eメール、もしくは電話でお申込みください。
[申込み期間] 2月15日(木)まで
[申込み先・問い合わせ先] 野鳥お勉強会(代表:富川)
TEL(携帯):090-4874-1705
E-mail:tomikawa@toriben.org
[主催] 野鳥お勉強会 http://www.toriben.org/