ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 4月 14日(土) 次週 翌月
10時00分〜14時00分 【札幌】 エコ育広場2018
滝野の森の木で笛作り、プラバンでオリジナルの名札作り、人間すごろく・ごみ分別ゲーム、オリジナルのぬり絵、二酸化炭素の実験に挑戦しませんか?
他にも、いろいろあるよ。
エコの知識も学べる楽しい1日!遊びに来てね♪

[日時] 4月14日(土)10:00〜14:00

[場所] 札幌市環境プラザ 展示コーナー・交流広場
    (札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共4施設2F)

[参加費] 無料 ※出入り自由(小学生以下は保護者同伴)

[内容] 子どもから大人まで気軽に環境教育を体験できるイベントです。個人、市民団体、事業者、行政などの環境教育に関わる団体が体験プログラムを実施します。

○森の素材で笛作ろう!(10分)
 滝野公園内で採れた「笹竹」(根曲がり竹)を使って、笛を作ってみよう。
 (滝野の森クラブ)

○親子でチャレンジ!開店!!べっこうあめやさん(10分)
 ガールスカウトの指導でべっこうあめ作りを体験。
 (ガールスカウト北海道第10団)

○プラスチックに魔法をかけろ!(15分)
 オリジナルのネームプレートの制作体験。
 (ボーイスカウト札幌第12団)

○「人間すごろく」と「ごみの分別体験」(10分)
 人間すごろくとごみの分別体験で学ぶ3R。
 ((公社)札幌消費者協会 環境研究会)

○二酸化炭素はどんなもの?(20分)
 二酸化炭素を発生させ、性質を間近で知ろう!
 (環境学習フォーラム北海道)

○エコぬりえ(15分)
 オリジナルの親しみやすいエコぬりえです。いろんな種類があるよ♪
 (NPO法人環境り・ふれんず)

○クイズでポン(15分)
 15問の環境クイズにチャレンジしよう!いくつわかるかな?
 (札幌市環境プラザ)


[問い合わせ先] 札幌市環境プラザ TEL:011-728-1667

[主催] エコ育広場実行委員会

[共催] 札幌市環境プラザ(指定管理者:(公財)さっぽろ青少年女性活動協会)

[後援] 札幌市、札幌市教育委員会、環境省北海道環境パートナーシップオフィス、
(公財)北海道環境財団(以上すべて予定)


☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.kankyo.sl-plaza.jp/work/ecoikuhiroba/2018index.html
15時00分〜17時00分 【札幌】第9回まるやま野生動物カフェ『キタキツネ』
昔話などにもよく登場して馴染みのあるキツネですが、一体どんな動物なので
しょうか。北海道に生息するキタキツネは、ときおり札幌の街中にも姿をあらわ
すようです。身近なようで知らないことも多いキツネについていっしょに学びま
しょう。

日 時:平成30年4月14日(土)15時〜17時
会 場:円山公園パークセンター(中央区宮ヶ丘3)

定 員:30名(事前にお申込み下さい)
参加費:500円/高校生以下無料(コーヒー・紅茶・ジュースが一杯つきます)
申込方法:4月6日(金)9時から電話で受付
申込み先:円山公園パークセンター(電話 621-0453)

内 容:キタキツネの行動と生態、エキノコックスのこと
講 師:池田貴子さん (北海道大学高等教育推進機構CoSTEP)
進行役:長谷川理(NPO法人EnVision環境保全事務所)

【問合せ】円山公園パークセンター(電話621-0453)
【共催】円山リスの会、円山公園指定管理者(公財)札幌市公園緑化協会、
    NPO法人EnVision環境保全事務所
18時00分〜20時30分 【札幌】 第370回 野鳥お勉強会
1987(昭和62)年に設立。野鳥や動物、自然情報の語らいの場として月1回飲食を伴いながら開催しています。野鳥や自然に関心ある教師、公務員、会社員、学生などをボランティア講師に招き、講師の得意とする分野について受講し、自然及び環境情報の交換の場としています。誰もが自由に参加いただけます。

[日時] 4月14日(土)18:00〜20:30

[場所] 鳥次郎(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下街 TEL:011-241-9777)

[集合] 同上 17:50

[内容]
○テーマ:「世界最小哺乳類 トウキョウトガリネズミが私たちに語ること」
○講師:河原 淳 氏(環境省 希少野生動植物種保存推進委員)
捕獲されること自体が極めて希であったトウキョウトガリネズミ。10年ほど前から生きて捕獲することができるようになり、その生態が徐々に解ってきました。これまで推察されてきた生態との差を比べ、野生生物へのアプローチ方法について考えてみたいと思います。

[定員] 20名程度 ※予定人数を超えた場合はお断りする場合があります。

[参加費] 3,500円(飲食代)

[申込み方法] Eメール、もしくは電話でお申込みください。

[申込み締切] 4月12日(木)まで

[申込み先・問い合わせ先] 野鳥お勉強会(代表:富川)
TEL(携帯):090-4874-1705
E-mail:tomikawa@toriben.org

[主催] 野鳥お勉強会 http://www.toriben.org/