ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 詳細情報

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示

詳細情報

件名 【札幌】 セミナー「Big Dataで未来の『環境首都・札幌』をデザインします。」
開始日時 2018年 2月 1日 (木曜日)   15時00分
終了日時 2018年 2月 1日 (木曜日)   18時00分
場所 インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)クロスガーデン(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)
連絡先
詳細 オープンデータ、ビッグデータ、GISなどの大量データが蓄積され、さらにAI、IoTなどの技術的なピースが合わさり、データの価値を最大限に引き出せる時代が到来しています。本セミナでは、「都市デザインと環境」をテーマとした、未来の都市システム(土地利用・交通・エネルギー・社会)をデザインすることを目的にしてモデルとシナリオを用いた研究に取り組んでいる研究者と企業の方を招き、人口減少や高齢化が問題となっている日本にあっても、東京をはじめとする巨大都市や地方の核となる札幌や福岡は成長をつづけていますが、いつかシュリンクする必要があります。むしろそれをチャンスとして、持続可能で活力ある都市システムを再生してゆくことは可能でしょうか。この講演は、「東京都市圏における最新のビックデータ解析」と、各種の統計モデルを用いたシミュレーション分析を組み合わせて、これらの問題について考え、札幌市においても考えるべきテーマについて講演いたします。多数のご参加をお待ちしています。

[日時] 2月1日(木)15:00〜18:00(開場 14:30)

[場所] インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)クロスガーデン(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)
※アクセス方法⇒ https://www.icc-jp.com/about/access.html

[参加費] 無料(要事前申込み)

[内容]
○講師1:Big Dataを用いて気候変動にレジリエントな都市システムをデザインする。
 山形 与志樹(国立環境研究所・地球環境研究センター 主席研究員/北海道大学 客員教授)
○講師2:IoTプラットフォームによる、データ李活用型の都市づくりに向けた取り組み
 田代 真人(日本電気株式会社 未来都市づくり推進本部 シニアエキスパート)

[申込み方法] Eメールにて、「参加企業名」「氏名」「連絡先メールアドレス」をお知らせください。

[申込み先・問い合わせ先] 一般社団法人北海道オープンデータ推進協議会(略称:HODA(ホダ))
E-mail:info@hoda.jp

[主催] 一般財団法人さっぽろ産業振興財団

[共催] 札幌市

[企画] 一般社団法人北海道オープンデータ推進協議会、Sapporo AI LAB


カテゴリー
投稿者 E-HECO
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 1月 16日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する