ホーム内の公募・助成金情報内の公募内の【募集】 2020年度登録に向けた「知床五湖登録引率者」の新規養成者の募集について(締切 3/15)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2019年02月01日 - 2019年03月15日   投稿日:2019年02月07日

【募集】 2020年度登録に向けた「知床五湖登録引率者」の新規養成者の募集について(締切 3/15)

〜知床五湖の登録引率者の資格をとりませんか?〜

環境省、北海道、斜里町では、観光客とヒグマの遭遇や、利用による植生の荒廃等の問題を抱える知床五湖の地上遊歩道の利用適正化に関し、地元関係団体とともに知床五湖の利用のあり方協議会にて検討を行い、平成23年5月10日より知床五湖にて利用調整地区制度を導入しています。
この度、知床五湖利用調整地区制度のヒグマ活動期において、ヒグマ対処技術を有する者として、利用者の引率を行うことができる「知床五湖登録引率者」の2020年度の登録に向けた新規養成者の募集を開始します。

☆「知床五湖登録引率者」について…
知床五湖登録引率者は、知床五湖におけるヒグマへの対処技術を有する者として知床五湖の利用のあり方協議会が養成し、釧路自然環境事務所により登録される引率者です。ヒグマ活動期の地上遊歩道への立入には、この知床五湖登録引率者の同行が義務づけられています。知床五湖登録引率者は地上遊歩道の利用者を代表し立入認定申請の手続きを行い、利用者を引率する役割を担います。
知床五湖登録引率者として、既に32名が2019年度に向けて登録されています。

[募集期間] 2019年2月1日(金)〜3月15日(金)必着

[募集人数] 10名 ※応募者が募集人数を超えた場合、抽選とする。
[応募要件] (1)知床五湖利用調整地区制度の趣旨・目的に賛同し、登録引率者資格の取得を希望する者。 (2)同行者に対する引率能力に関して以下のいずれかを満たしている者。ただし山地、森林、里地における引率に関するものに限る。 ・過去1年以内に20回以上の自然ガイド(有償)の実務実績がある者。 ・各地域を代表するガイド協会、観光協会等の機関長による推薦がある者。 ・自然ガイドに関する相応と認められる資格等を有している者。 (3)知床五湖の利用のあり方協議会が主催する養成研修を全て受けることができる者。

[知床五湖登録引率者要件] (1)成人であること。 (2)事故発生時の責任対応のために、1事故について3億円以上(アクティビティの性質により3億円以上の契約が不可能な場合はその最高額)の賠償責任保険に加入していること。 (3)普通救命救急講習又はそれに準ずる講習を、各講習が規定又は再受講を推奨する期限以内に受講していること。 (4)知床五湖の利用のあり方協議会知床五湖登録引率者審査部会における構成員となる登録引率者代表(3名)の選出に参加し、選出された者に対し意見等の委任ができること。
[応募方法] 所定の「応募用紙」に必要事項を記入し、以下のいずれかの書類を同封のうえ、郵送又は持参する。 ・履歴書(自然ガイドの実務実績が分かるもの) ・各地域を代表するガイド協会、観光協会等の機関長による推薦状 ・自然ガイドに関する資格等証書写し
[費用] 受講料 10,000円(なお、登録試験の際には受験料3,000円/回が必要です)
[問い合わせ先] 環境省ウトロ自然保護官事務所 〒099-4354 斜里郡斜里町ウトロ西186-10 知床世界遺産センター内 TEL:0152-24-2297 FAX:0152-24-3646 ☆詳しくはこちらをご覧ください↓ URL:http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/pre_2019/2020.html
  

このページの先頭へ