ホーム内の公募・助成金情報内の補助金内の平成31年度水力発電の導入促進のための事業費補助金(水力発電事業性評価等支援事業)の二次公募(締切 10/4)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2019年09月05日 - 2019年10月04日   投稿日:2019年09月12日

平成31年度水力発電の導入促進のための事業費補助金(水力発電事業性評価等支援事業)の二次公募(締切 10/4)

 一般財団法人新エネルギー財団(NEF)では、平成31年度水力発電の導入促進のための事業費補助金(水力発電事業性評価等支援事業)の二次公募を以下のとおり実施しています。

■水力発電事業性評価等支援事業
民間事業者等及び地方公共団体が行う水力発電の事業性評価に必要な調査・設計等を行う事業に要する経費の一部を補助します。      

(1)水力発電事業性評価事業
民間事業者等及び地方公共団体が行う水力発電の事業性評価に必要な調査・設計等を行う事業に要する経費の一部を補助します。

〇補助対象事業者
自ら中小水力発電を実施予定の、
・民間事業者等(法人及び青色申告を行っている個人事業者)
・地方公共団体

〇補助率
1/2以内
ただし、1発電所当たりの補助金の上限額は、原則として1,500万円/年とします。

(2)地方公共団体が行う水力発電事業性評価・公募事業
地方公共団体が行う地域の水力発電有望地点の調査・設計等及び当該地点で発電を行う者(コンセッション方式によるPFI事業を含む)の公募に要する経費のうち公募用資料作成に係るものを補助します。但し、調査・設計等する水力発電有望地点は、都道府県は2地点以上、市町村は1地点以上です。

〇補助対象事業者
地域における中小水力発電の有望地点を調査し、発電を行う者を公募する地方公共団体

〇補助率
補助対象経費に対して定額(10/10)
ただし、1申請あたりの補助金の上限額は、原則として5,000万円/年とし、かつ、1発電所当たりの補助金の上限額は1,000万円/年とします。

■公募期間:令和元年9月5日(木)〜令和元年10月4日(金)

■お問い合わせ先
一般財団法人 新エネルギー財団 水力地熱本部
東京都豊島区東池袋3-13-2 イムーブル・コジマ2階
水力普及促進部 TEL:03-6810-0371 

☆詳細はこちらをご覧ください
https://suiryokuhojo.nef.or.jp/evaluation_support/20190909.html

  

このページの先頭へ