ホーム内の公募・助成金情報内の助成金内の2021年度地球環境基金助成金(締切 12/2)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2020年11月05日 - 2020年12月02日   投稿日:2020年10月06日

2021年度地球環境基金助成金(締切 12/2)

地球環境基金は、環境NGO・NPO 活動を支援することを通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。
これからの社会は、市民一人ひとりの思いや志を、行動に変え、様々な環境諸課題を解決することが大切です。
環境 NGO・NPO は、現場での活動を通じて、こうした一人ひとりの取り組みや声、行動を結びつけ、社会の共感を得ながらその取り組みの輪を広げ、良好な環境の創出につなげるという、大きな役割が期待されています。
活動の輪の広がりは、それぞれ特有の生活、文化、経済を背景とした地域でのものから、多様な考え方や生活文化を持つ人々が関わる国際的、地球的規模のものまで、様々なレベルで必要となっています。その核となるべき環境 NGO・NPO の活動もまた、多様なものになることが期待されています。
地球環境基金は、環境 NGO・NPO の自主性、自立性、多様性を尊重しつつ、他の支援組織や事業者、行政と協力し、その活動を支援することを通じて、私たちの将来の世代に、豊かに生きる基盤である地球を引き継ぐことができる、持続可能な社会の実現に貢献します。

[応募受付期間]
2020年11月5日〜12月2日

[助成の対象となる期間]
2021年4月1日から2022年3月31日までの1年間

[応募活動要件]
1. 分野
活動の分野は、民間の非営利団体(NGO・NPO)が行う環境保全活動(地球温暖化防止、生物
多様性の保全、循環型社会の形成などの幅広い分野)を助成対象としています。(別表1参照)

2. 区分
活動の区分は、団体所在地及び活動地によって以下のように大別されます。
・イ案件:国内の民間団体による開発途上地域での環境保全のための活動
・ロ案件:海外の民間団体による開発途上地域での環境保全のための活動
・ハ案件:国内の民間団体による国内での環境保全のための活動
※開発途上地域での活動の場合は、対象地域での活動実績を有している必要があります。
※活動対象地域は、(4)活動対象地域(p.14)をご参照ください。

3. 形態
活動の形態は、以下の 4 種類に対し幅広く助成を行っています。
a.実践
b.知識の提供・普及啓発
c.調査研究
d.国際会議

☆詳しくはこちらをご覧ください
https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/flow.html

  

このページの先頭へ