ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 12月 11日(土) 次週 翌月
〜16時30分 【オンライン】清里ミーティング2021
日本環境教育フォーラムでは、清里ミーティング2021の参加者募集を開始しました。
参加者企画ワークショップや全体会の情報も随時更新していますので、詳細はウェブサイトをご確認ください。

日 程:2021年12月5日(日)〜11日(土)
会 場:Zoom(テレビ会議システムを用いたオンライン開催)
参加費:【フル参加券】一般:7,000円/JEEF会員:2,000円/学生(100名・先着順):無料
※会期中:全体会、ワークショップ、情報交換会等への参加ができます
※後日:全体会、ワークショップの録画を視聴できます
【録画視聴のみ参加券】4,000円
※会期期間中に全体会やワークショップ等への参加はできませんが、
後日期間限定で録画を視聴できます
定 員:300名(予定)

☆詳細はこちらをご覧ください
https://www.jeef.or.jp/activities/kiyosato/
9時00分〜17時00分 【札幌】地産地消型浮体式洋上風力発電シンポジウム
令和3年6月12日(土)に開催を予定しておりました「地産地消型浮体式洋上風力発電シンポジウム」の北海道会場について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止の観点から開催を延期していましたが、この度令和3年12月11日(土)に開催することとしましたので、お知らせします(参加費無料、事前申込制)。
 本シンポジウムは、地産地消型浮体式洋上風力発電の導入を検討する地域等の地元住民・関係者等の理解醸成を図ることを目的としたもので、国内外の動向、地域振興、雇用創出、漁業協調などのテーマについて、講演及びパネルディスカッションを実施します。
 また、展示コーナーでは広報アンバサダーに就任した"科学のお姉さん"こと五十嵐美樹さんによる実験教室も開催を予定しています。

1.概要
 地産地消型浮体式洋上風力発電に関する国内外の動向、地域振興、雇⽤創出、漁業協調などのテーマについて、講演及びパネルディスカッションを実施します。また、多くの人々に啓発を図るために、浮体式洋上風力発電「はえんかぜ」の模型や紹介映像などを紹介する展示コーナーを設置し、広報アンバサダー・五十嵐美樹氏によるお子様向けのワークショップ「親子で楽しむ実験教室」を開催予定です。展示コーナー・ワークショップのみの参加も可能となっています。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止に努め、会場が密にならないよう参加者数を収容定員の50%以下に抑えています。なお、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、講演者、招へい者のリモート出演、展示コーナー・ワークショップの中止などの対応となる可能性もあります。

2.開催概要
1)開催日:令和3年12月11日(土)
  場所:札幌国際ビル貸会議室(札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階)
   ・ シンポジウム 15:00〜17:00(14:00受付開始)
   ※ 定員:110名以下(定員に達し次第、受付を終了する場合があります。)、お申込みは下記5.を御参照ください。
   ・ 展示コーナー 12:00〜17:00(どなたでも参加可能です。)
   ※ 13:00より、展示コーナーにて広報アンバサダー・五十嵐美樹さんによる「親子で楽しむ実験教室(子供向けワークショップ)」を開催する予定です(30分程度の内容、定員:親子10組程度)。

2)主催:環境省 運営:一般社団法人オフショアウィンドファーム事業推進協会

3.シンポジウム開催内容(予定)

15:00〜15:10 開会挨拶及び事業説明
 環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室 室長 加藤 聖
15:10〜15:45 基調講演
 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会東京大学名誉教授 木下 健
 「浮体式洋上風力発電とは」
15:45〜16:00 15分休憩(PR映像放映)
16:00〜16:55 パネルディスカッション
      「脱炭素化ビジネス〜浮体式洋上風力発電のポテンシャル〜(仮題)」
≪パネリスト≫(五十音順)
・環境省 浮体式洋上風力発電 広報アンバサダー 五十嵐 美樹
・環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
 室長 加藤 聖
・⻑崎海洋産業クラスター形成推進協議会 東京大学名誉教授
 木下 健
・一般社団法人オフショアウィンドファーム事業推進協会
 代表理事 佐藤 郁 ほか
16:55〜17:00 閉会挨拶
 環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室 室長 加藤 聖

4.「環境省 浮体式洋上風力発電 広報アンバサダー」五十嵐 美樹さんについて

 本シンポジウム開催にあたり、「環境省 浮体式洋上風力発電 広報アンバサダー」として理系タレントとして御活躍中の五十嵐美樹さんが就任しています。

<プロフィール>
東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。
幼い頃に虹の実験を見て感動し、科学に興味を持つ。特技のダンスを交えたサイエンスショーなどを子ども達に向けた全国各地で開催。
YouTubeチャンネル「ミキラボ・キッズ」
 https://www.youtube.com/channel/UCDQc7iivx7a-FwXFzSoK45w/featured

<就任コメント>
 長崎県五島市のキレイな海の上に浮かぶ浮体式洋上風力発電の仕組みや、私たちの生活とのかかわりを、皆様にお伝えしたいと思います!

5.シンポジウム&五十嵐美樹さん「親子で楽しむ実験教室」参加申込み(お問合せ先)※参加費無料・事前申込制
 「シンポジウム」及び五十嵐美樹さんの「親子で楽しむ実験教室」に参加を御希望の方は、以下、申込みE-mail宛てにお申し込みください。件名に「シンポジウム参加希望」もしくは「実験教室参加希望」(どちらも参加の場合は「両方参加希望」)と明記し、1〜6の項目をメール本文に御記載の上、開催日の3日前までに御送付ください。

 (1. 名前、2. 年齢、3. 勤め先(可能であれば所属部署名も)、4. お住まいの地域(例:東京都世田谷区) 、5. 当イベントを知ったメディア(例:テレビ/ラジオ/五十嵐美樹さんのSNS)など 及び6. 連絡先(電話&E-mail)
※ 複数人で参加の場合は全員分の情報を御記載ください。

・ 申込み(お問合せ先)E-mail:event@flowers.or.jp
  「地産地消型浮体式洋上風力発電シンポジウム」事務局(担当:森、坂田、木内)宛て
・ 特設ホームページURL:https://www.env.go.jp/earth/ondanka/fowt/after.html

※ シンポジウムと実験教室共に定員に達し次第、受付を締め切らせていただく可能性があります。御了承ください。
※ 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、講演者、招へい者のリモート出演、展示コーナー・ワークショップの中止などの対応を採らせていただく可能性があります。御了承ください。
※ 展示コーナーは事前申し込みなく御覧いただけます。
※ 個人情報の取扱いについて、本シンポジウムに関することに以外には使用しないことを遵守いたします。

【参考】
◯「地産地消型浮体式洋上風力発電シンポジウム」の開催について
 〜"科学のお姉さん"五十嵐美樹さんの「親子で楽しむ実験教室」も同時開催!〜
 (令和3年4月30日報道発表)
 https://www.env.go.jp/press/109533.html

◯「地産地消型浮体式洋上風力発電シンポジウム」北海道開催延期のお知らせ
(令和3年5月24日報道発表)
 http://www.env.go.jp/press/109607.html

添付資料
「地産地消型浮体式洋上風力発電シンポジウム」の北海道会場開催について[PDF 442KB]

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8339
室長 加藤 聖 (内線 6771)
室長補佐 宮岡 俊輔 (内線 7725)
係長 福田 朋也 (内線 7795)
担当 猪狩 浩介 (内線 7721)

引用:https://www.env.go.jp/press/110200.html
9時30分〜16時30分 【オンライン】「ESD推進ネットワーク全国フォーラム2021:ESD for 2030のキックオフ〜脱炭素社会づくりに向けたESD推進ネットワークの役割〜」
環境省は、ESD全国フォーラム2021を、文部科学省及びESD活動支援センターと共催で、令和3年12月11日(土)にオンライン開催します。「SDGs達成の鍵」とされているESDに関わる団体・企業・学校等、全国各地から、多くの方々の御参加をお待ちしています。

1.開催目的
 環境省及び文部科学省は、持続可能な開発のための教育(ESD)を全国各地で推進するため、オープンネットワーク「ESD推進ネットワーク」を共同で運営しています。

 全国フォーラムは、ESDに関心のある方々が集い、ESDに関する最新の国内外の動向、ESD推進ネットワーク形成の状況を共有するとともに、全国各地の実践事例を学び合うもので、ESD活動の更なる普及とより一層の活動推進を目的に開催します。

2.日時
 令和3年12月11日(土)9:30〜16:30

3.場所
  オンライン開催(お申し込みいただいた方にZoomの視聴用URLをお知らせします。)

4.プログラム(予定) 
※プログラム内容は変更となる可能性がございます。最新の情報は、下記7.のウェブサイトを御覧ください。

9:30 開会挨拶 (文部科学省、環境省)

9:45 セッション1 基調報告(文部科学省、環境省)
  テーマ:国内外のESD推進の動向とESD推進ネットワークの役割

10:30 セッション2 パネルディスカッション

  テーマ:脱炭素時代に求められるESD推進ネットワークの姿とは
  [パネリスト]
   飯田 貴也 (NPO法人新宿環境活動ネット 代表理事)
   白井 信雄 (山陽学園大学地域マネジメント学部 教授)
   進藤 由美 (公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター国際交流部/総務部部長)
   服部乃利子 (静岡県地球温暖化防止活動推進センター センター次長)
   他登壇者 調整中
  [モデレーター]
   佐藤 真久(東京都市大学大学院環境情報学研究科 教授)

12:30 休憩(ポスターセッション)

13:30 セッション3 分科会−「ESD for 2030学び合いプロジェクト」の挑戦−

 1 脱炭素社会づくりとESD〜気候変動教育と、拠点の学び合い〜(北海道、近畿)
  [進行]
   久保田 学 (北海道地方ESD活動支援センター)
   中澤 敦子 (近畿地方ESD活動支援センター)
  [パネリスト]   高橋 敬子 (立教大学ESD研究所 特任研究員)
   福岡真理子 (一般社団法人あきた地球環境会議 理事・事務局長)
   吉田 美和 (京都市立紫明小学校 教諭)
   南  哲朗 (奈良町資料館 館長)
  [コーディネーター]
   中澤 静男 (奈良教育大学 准教授)

 2 SDGsを活用した教育×地域のチャレンジ(東北、中国、九州)
  [事例報告]
   内藤 惠子 (公益社団法人仙台ユネスコ協会 副会長)
   角  俊一 (島根県環境生活部環境政策課 企画員)
   岡  裕二 (熊本市立城南中学校 地域コーディネーター)
  [コメンテーター]
   見上 一幸 (東北地方ESD活動支援センター企画運営委員長)
  [コーディネーター]
   鈴木美紀子 (東北地方ESD活動支援センター)

3 地域に根ざした多様なSDGs人材育成(関東、中部、四国)
  [進行]
   島田 幸子 (関東地方ESD活動支援センター)
  [パネリスト]
   建元 喜寿 (筑波大学附属坂戸高等学校 教諭)
   水上 聡子 (アルマス・バイオコスモス研究所 代表)
   松浦 英人 (一般社団法人そらの郷 課長)
  [コーディネーター]
   堺 勇人 (一般社団法人環境市民プラットフォームとやま 事務局長)

15:20 休憩

15:30 セッション4 全体総括「2030年に向けてESD推進ネットワークが取り組みたいこと」
  [進行]
   広石 拓司 (株式会社エンパブリック 代表取締役)
  [コメンテーター]
   及川 幸彦 (東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター主幹研究員)
   他登壇者 調整中

16:30 閉会挨拶(環境省)

5.参加費・参加申込み
  無料。以下の申込みフォームからお申し込みください。

  参加申込みはこちら:https://forms.gle/ECCrMMArrEFzJHDa7

6.問合せ先
 ESD活動支援センター

 TEL:03-6427-9112  E-mail:contact@esdcenter.jp

7.ESD推進ネットワーク全国フォーラム2021の案内サイト
  https://esdcenter.jp/hottopics/zenkoku-forum2021/

連絡先
環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8231
室長 相澤 寛史 (内線 6051)
企画官 浅原 堅祐 (内線 6240)
室長補佐 井上由美子 (内線 6298)
係長 山下 瑠美 (内線 7240)

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.env.go.jp/press/110182.html