【お知らせ】 2019年度(令和元年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について

 環境省と国立環境研究所は、今般、2019年度の我が国の温室効果ガス排出量(確

報値(※)を取りまとめました。
2019年度の温室効果ガスの総排出量は12億1,200万トン(二酸化炭素(CO2)換算)
で、前年度比2.9%減(2013年度比14.0%減、2005年度比12.3%減)でした。
前年度からの減少要因としては、エネルギー消費量の減少(製造業における生産
量減少等)や、電力の低炭素化(再生可能エネルギーの導入拡大)に伴う電力由
来のCO2排出量の減少等が挙げられます。

※「確報値」とは、我が国の温室効果ガスの排出・吸収目録として条約事務局に
正式に提出する値という意味です。今後、各種統計データの年報値の修正、算定
方法の見直し等により、今回取りまとめた確報値が再計算される場合があります。

[問い合わせ先]
・環境省地球環境局 総務課 脱炭素社会移行推進室(担当:権田、山崎、宮田)
 TEL(代表):03-3581-3351
 TEL(直通):03-5521-8244
○国立環境研究所 地球環境研究センター(担当:畠中)
 TEL(直通):029-850-2777

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.env.go.jp/press/109480.html