【お知らせ】2020年度(令和2年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について

環境省と国立環境研究所は、今般、2020年度の我が国の温室効果ガス排出量(確報値)を取りまとめました。

2020年度の温室効果ガスの総排出量は11億5,000万トン(CO2換算)で、前年度比5.1%減でした。
一方で、2020年度の森林等の吸収源対策による吸収量は、4,450万トンでした。
「総排出量」から「森林等の吸収源対策による吸収量」を引くと、11億600万トン(前年度から6,000万トン減少)、2013年度総排出量比21.5%(3億360万トン)の減少となっております。
前年度からの減少要因としては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に起因する製造業の生産量の減少、旅客及び貨物輸送量の減少等に伴うエネルギー消費量の減少等が挙げられます。

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.env.go.jp/press/110893.html

[問い合わせ先]
●環境省地球環境局 総務課 脱炭素社会移行推進室(担当:山崎、宮田)
TEL(代表):03-3581-3351(内線 5736、5737)
TEL(直通):03-5521-8244
●国立環境研究所 地球システム領域地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス(担当:畠中)
TEL(直通):029-850-2777