ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 8月 17日(火) 次週 翌月
(継続中) 【オンライン】エコチルまつりバーチャル2021
今年創刊15周年を迎えた子ども環境情報紙「エコチル」が、コロナ禍による外出自粛やイベント中止が続く中、環境やSDGsについて学ぶ機会を提供し続けるため、「エコチルまつりバーチャル2021」を開催します。

 インターネット環境さえあれば、自宅に居ながら環境やSDGsについて親子で楽しく学ぶことができ、夏休みの子どもの自由研究の取組にも役立つ内容となっていますので、
ぜひご参加ください。


概 要
  テーマ  : 夏休み!自宅でSDGsな自由研究を応援!
  開催期間 : 2021年8月7日(土)10時〜8月20日(金)16時
  会 場  : オンライン上のバーチャル空間
  参加料  : 無料
  主 催  : エコチルまつり実行委員会(株式会社アドバコム)

☆詳しくはこちらをご覧ください
 https://www.ecochil.net/festival2021/
【南会津】 KOTOWARI 会津サマースクール
若者による、若者のための環境教育を。
最新のテクノロジーや各国間の合意によって、万が一、現在の気候変動や環境問題が解決されたとしても、人々のマインドセットが変わらなければ、テーマが変わるだけで、また同じことが起きる。
真に持続可能な未来を作るためには、どのようなマインドセットが必要なのだろう?

[日時] 8月17日(火)〜20日(金)※3泊4日

[場所] 会津山村道場

[集合] JR新白河駅 11:30集合

[内容] 地球の自然環境が「持続」していくために、何かアクションを起こす時間が残されている最後の世代が今の私たちだと言われています。現状への危機感は世界中の若者世代の間で広がっており、環境問題は最も優先順位が高く、今後も向き合い続けていかなければならない課題とされています。
経済成長を選ぶのか、環境危機を止めるのか?環境問題に向き合うときに社会が抱える矛盾は、特に現在の気候危機に際して著しいものとなっています。未来に関して三者三様の根拠や見立てがあるものの、誰も現時点で最適な答えは知りません。科学的にも社会的にも何が正解なのかは誰もわからない中、急速に変化していく自然環境と共に私たちは生きていかなくてはいけません。そもそも、現在の私たちはどのように自然と交わっているのか?なぜ今のままの在り方を続けていくのが問題なのか?具体的な解決策を模索するのと同時に、これらの根本的な問いを考えていく理由には、環境問題は外側の出来事ながらも、また同時に人間の内側の問題だということがあります。自然環境とは人間の価値観や生き方の鏡でもあり、そこに生まれる問題はそのまま私たちの内面を映し出しているものです。
これまでの世代の人々が、何を求めて、どのように生きてきたのか。こうした人間の活動が、自然環境にどのように影響を与えていったのか。そして、未来の人々と社会、自然のために本当に「良い」こととは何か。私たちは、自然というものをどう捉え直していくべきなのか。このような問いを深めていく中で、人と自然の関係を改めて問い直し、さまざまな価値観や感性、体験を持ち寄ってこれからの未来を創造するための議論を行う場を作りたい。そんな想いから生まれたのが「KOTOWARI 会津サマースクール」です。日本の志ある若者たちが一堂に集い、自分自身と自然環境について共に学び、考え、動いていく。若者による、若者のための環境教育プロジェクトがこの夏、始動します。

[対象] 高校生、大学生、大学院生

[定員] 20名(応募多数の場合は選考あり、オンライン聴講も可)

[参加費] 無料(協賛いただいた個人、団体のご支援により参加費は不要となっております)
※現地までの往復の交通費は参加者のご負担となります。

[申込み方法] 7月30日(金)までに、Webの「応募フォーム」よりお申込みください。
※応募フォーム:https://earthandhuman.net/services/kotowari-aizu/#

[問い合わせ先] E-mail:info@kotowari.co

[主催] KOTOWARI実行委員会

[協力] NPO法人Earth&Human

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://earthandhuman.net/services/kotowari-aizu/#