ホーム内の公募・助成金情報内の公募内の【パブリックコメント】「グリーンボンドガイドライン2017年版(仮称)骨子案」に対する意見募集について(締切 2/14)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2017年01月26日 - 2017年02月14日   投稿日:2017年02月02日

【パブリックコメント】「グリーンボンドガイドライン2017年版(仮称)骨子案」に対する意見募集について(締切 2/14)

COP21で採択された「パリ協定」を踏まえ、今後我が国が温室効果ガスの長期大幅削減に取り組んでいく上で、再生可能エネルギー事業等のグリーンプロジェクトに幅広い投資家から大量に民間資金を導入する必要があります。
また、国連持続可能な開発目標(SDGs)で定められたゴールである海洋・陸域での生態系の保護をはじめとする自然資本の劣化の防止などの側面でも、民間資金の役割に期待が高まっています。
海外では、こうしたプロジェクトに民間資金を導入するための一つのツールであるグリーンボンド(企業や地方自治体等が、グリーンプロジェクトに要する資金を調達するために発行する債券)の普及が急速に進んでいます。我が国においても事例は出始めていますが、海外と比べ我が国における普及は十分とはいえません。今年度、環境省では、グリーンウォッシュ債券(実際は環境改善効果がない、又は、調達資金が適正に環境事業に充当されていないにもかかわらず、グリーンボンドと称する債券)が出回ることを防止しつつ、グリーンボンドをさらに国内に普及させるため、発行体、投資家その他の市場関係者の「実務担当者」が参考とすることができる「グリーンボンドガイドライン」をとりまとめることとしております。
今般、ガイドラインに定める内容案について、パブリックコメントを実施します。 [意見募集期間] 平成29年1月26日(木)〜2月14日(火)必着
[意見募集対象] グリーンボンドガイドライン2017年版(仮称)骨子案 ( http://www.env.go.jp/press/files/jp/104610.pdf
[意見提出方法] 所定の「意見提出様式」により、郵送、FAX又は電子メールのいずれかの方法で提出してください。 ※郵送での場合は封筒に赤字で、電子メールでの場合は件名に、「グリーンボンドガイドライン2017年版(仮称)骨子案に対する意見」と記載してください。 ※郵送又はFAXの場合は、A4版の用紙にて提出してください。
[問い合わせ先] 環境省総合環境政策局環境経済課(担当:井上、福留) TEL(代表):03-3581-3351(内線6291、6270) ☆詳しくはこちらをご覧ください↓ URL:http://www.env.go.jp/press/103549.html

 

  

このページの先頭へ