ホーム内の公募・助成金情報内の助成金内の2018年度 道新野生生物基金助成事業(締切 3/30)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2018年02月13日 - 2018年03月30日   投稿日:2018年02月13日

2018年度 道新野生生物基金助成事業(締切 3/30)

公益財団法人北海道新聞野生生物基金は1992年の設立以来、かけがえのない北海道の自然という財産を次の世代へ引き継ぐために活動しています。2018年度の道新野生生物基金の助成は200万円、別枠で17年度から新設した「杉本とき鳥類保護助成基金」は100万円を助成いたします。助成を希望する団体、個人の申請を受け付けます。

 この助成を受けた事業の実施報告は、当基金発行の自然情報誌「モーリー」や当基金ホームページ上で掲載し、助成事業の主財源となる寄付をいただいた個人、団体、企業に報告するとともに、同種事業を計画している方々への参考とさせていただきます。

◇助成対象
北海道の自然と野生生物の保全活動を行っている団体、個人で、将来的に発展性のある活動を対象とします。(学術研究は除く)

◇助成内容
助成額は1件100万円以内。子どもの自然体験活動などが主体の事業は1件20万円以内。事業の期間は原則1年間。「杉本とき鳥類保護助成基金」も同様です。

◇助成要件
所定の申請用紙に必要事項(助成申請書、事業計画書、団体等に関する資料、助成金の使途および予算書)を記入。添付資料があれば提出してください。
事業完了後、実施報告書の提出が必要(助成決定後に報告書の書き方を送付します)。
報告内容は、当基金が発行する自然情報誌「モーリー」、当基金ホームページに掲載。

◇申し込み  

2018年3月30日(金)必着。
申込書類は書面(A4判片面印刷、添付資料も)で郵送、

または宅配便で〒060-8711 札幌市中央区大通西3丁目6、北海道新聞野生生物基金へ。
所定の用紙はダウンロード( ワード PDF )するか、82円切手を同封し、当基金に用紙の送付を請求してください。
提出していただいた書類は返却いたしません。書類の不足や記入漏れがある場合は、受け付けを見合わせる場合があります。

◇選定・発表

助成審査会(審査委員長・神谷忠孝北海道大学名誉教授)で決定します。
2018年4月末までに北海道新聞紙上やホームページで発表し、後日、決定について通知いたします。

◇問い合わせ
公益財団法人北海道新聞野生生物基金
〒060-8711 札幌市中央区大通西3丁目6 北海道新聞社内
TEL 011-210-5773(土・日・祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分) 

  

このページの先頭へ