「【E☆navi×北大】E☆navi版北海道環境白書プロジェクト」のご紹介(秋山財団ネットワーク助成)

私たち環境中間支援会議・北海道と北海道大学環境科学院では、今年6月にリオデジャネイロ(ブラジル)において開催される、「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」に関連して、「【E☆navi×北大】E☆navi版北海道環境白書プロジェクト」を進めています。

概要は、これまで北海道の環境分野で活躍されてきた方々にインタビューを行い、これまでの環境変化とその方のライフヒストリーを伺うとともに、これからの北海道を持続可能な方向に導くための示唆を白書としてまとめます。もちろん白書として重要なさまざまなデータも盛り込む予定です。

現在、各分野の方にインタビューをしているところですが、秋には何らかの形でお披露目できるようがんばっています。幅広い層の方に読んでもらえるようにしたい考えていますが、あえて対象を絞るとすれば、最近、安定志向になりがちな若い方々に社会は変えられるんだということを意識していただけるような内容にしたいと考えております。

なお、このプロジェクトは北海道大学環境科学院との協働プロジェクトですが、環境中間支援会議・北海道の取り組みには「公益財団法人秋山記念生命科学振興財団・ネットワーク形成助成」のご支援をいただいていることを申し添えます。

これまでの動きなどを、Facebook「【E☆navi×北大】E☆navi版北海道環境白書プロジェクト」でご紹介しています。
ぜひ、ご覧ください!